読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六本木で働くデータサイエンティストのブログ

元祖「銀座で働くデータサイエンティスト」です / 道玄坂→銀座→東京→六本木

データサイエンティストもしくは機械学習エンジニアを目指すならお薦めの初級者向け6冊&中級者向け15冊(2017年春版)

f:id:TJO:20150308132412j:plain
(Photo credit: https://pixabay.com/en/books-door-entrance-italy-colors-1655783/)

この記事は一昨年のこの書籍紹介記事のアップデート版です。

相変わらず毎月のように新刊書が出続けるデータ分析業界ですが、良い本が増え続けてきたせいでついに初級者向けは6冊、中級者向けは何と15冊にまで膨れ上がってしまいました(汗)。ともあれ、自分のところにアフィリエイトの類は一銭も入らないにもかかわらず*1懲りずに書籍紹介をやろうと思います。


あ、最初に断っておきますが僕の知識レベルは極めて適当なので、極めていい加減なことを書いている可能性があります。また最初に読んでから時間が経っていて記憶があやふやなせいで、内容に関する記述が不正確な書評が混じっている可能性もあります。誤っているところやおかしいところがあったらバンバン突っ込んでください。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

*1:はてなには入るのでそれすら気に入らないという皆様はアフィリエイトコードを削除したURLからお求めください笑

続きを読む

ベイズ構造時系列モデルを推定する{bsts}パッケージを試してみた

Rパッケージ紹介ばかりが続いていて恐縮ですが。。。最近になってこんなものがFacebookからリリースされていたのを知りました。

これはこれで使いやすそうだなと思ったんですが、実はGoogleからも同様のMCMCサンプリングベースの時系列分析向けCRANパッケージ{bsts}がしばらく前から出ていたりします。見た感じ日本ではほとんど知られていないように見受けられるのですが、どんなものなんでしょうか?

ということで、一応他社フレームワークの紹介をするよりはこちらのフレームワークの紹介を先にする方が筋かな*1と思ったもので(笑)、ここでは遅ればせながら{bsts}パッケージの紹介をすることといたします。

*1:あれ、MXnet重点的にやってるくせにTensorFlowはあまり取り上げてないって?あーあー聞こえなーい聞こえなーい

続きを読む

メモリに乗り切らない大容量データ相手にL1正則化回帰を回せる{biglasso}パッケージを試してみた

今回は小ネタ。ボサーっとCRAN Task View: Machine Learningを眺めていたらこんなものを見つけました。

これ、カラクリは簡単で単にR側にはデータのポインタしか渡さず、データの実体はストレージからオンライン(ストリーミング)で読み込むようにしているというだけなんですね。


基本的に線形回帰(gaussian)とロジスティック回帰(binomial)しかまだサポートしていませんが、後者に関しては以前論文メモ記事にしたSloresも実装されている模様です。

ということで、サクッと試してみます。

続きを読む