六本木で働くデータサイエンティストのブログ

元祖「銀座で働くデータサイエンティスト」です / 道玄坂→銀座→東京→六本木

Deep Learning

生TensorFlow七転八倒記(4):簡易版MNISTをMLPで分類してみる

出張していたり足底筋膜炎にかかったりしているうちに、すっかり生TensorFlowの勉強が滞ってしまっていました。とりあえず先に進みます。いつも通りですが、特に意味はないものの教科書としてこちらを挙げておきます。深層学習 (機械学習プロフェッショナル…

RにTensorFlow + Kerasを実装した{keras}パッケージがやって来たので試してみた(追記2件あり)

Python側でのTensorFlowの隆盛を他所に、R側では{tensorflow}も使いにくいし*1これはPythonistaに転生しなければならんのかなぁ。。。ということを思っていたら、出ました。あのKerasのRパッケージです。インストール手順は普通にR Interface to Keras • ker…

Deep Learningで遊ぶ(3): LSTM-RNNで夏目漱石っぽい文章の生成にトライしてみる

そう言えばこのシリーズ長らく放置してました(汗)。いよいよこのブログもネタ切れが著しくなってきたので、今更そんな古いネタやるのかよと怒られるのを承知で「単に自分がやってみたかったから」というだけの理由で今更感のあるネタをやることにします。…

{rBayesianOptimization}パッケージによるベイズ最適化で機械学習パラメータチューニングをお手軽に

機械学習のパラメータチューニングというと大なり小なり大変な部分があって、今年のエイプリルフール記事に皆さん引っかかって下さったところを見るにパラメータチューニングを簡単に済ませたい!と願う人々は世の中多いようです(笑)。 少し前のMXnetを使…

Deep Learningで遊ぶ(2): オンラインニュース人気度+ベイズ最適化によるパラメータチューニング

追記(2016年8月22日) {rBayesianOptimization}の使い方を間違えていて、この記事の下部では実際にはテスト誤差ではなくトレーニング誤差を評価してしまっていますorz 実際にはScore返値にholdoutを入れるのが正解です。別に{rBayesianOptimization}単体で…

Deep Learningで遊ぶ(1): テニス四大大会データセット(追記あり: 正規化した場合の検証)

MXnet / Kerasが本格的に普及してきたことで、いよいよ「誰でも(割と)気軽にDeep Learningを実践できる」時代になってきましたね、という話を前回の記事では一通りやってみました。ということで、これからしばらく「気軽に実践できるようになったけど実際…

KerasをTensorFlowバックエンドで試してみた:「もっと多くの人に機械学習とDeep Learningを」という時代の幕開け

(左:Keras、右:MXnet)Kaggle Masterの間ではMXnetよりさらに人気なDeep Learningフレームワークというかラッパーが、@fchollet氏の手によるKeras。 Keras Documentation 結構苦心したのですが、ようやく手元のPython環境で走るようになったので、試して…

機械学習分類器ごとに汎化vs.過学習の様子を可視化してみる

以前12回まで続けた「サンプルデータで試す機械学習シリーズ」ですが*1。あれから色々分類器の手法やその実装もバリエーションが増えてきたということもあり、思い立って今回まとめてやり直してみようと思います。そうそう、12回シリーズの頃から愛用してい…

Deep Learningライブラリ{mxnet}のR版でConvolutional Neural Networkをサクッと試してみた(追記3件あり)

For non-native Japanese speakers: English version is below. ちょっと前から色々なところでちらほら名前を聞くなぁと思っていたMXnet。どうやらKagglerの間では急速に人気が高まっているようで、最近になってだいぶバグフィックスが進んだらしいというの…

ビジネス実務の現場で有用な統計学・機械学習・データマイニング及びその他のデータ分析手法10+2選(2016年版)

そう言えば3年前にこんなまとめ的エントリを書いたのでした。この内容はそのままかなりの部分が2年前に刊行した拙著の原案にもなったということで、色々思い出深いエントリです。なのですが。・・・この3年の間に統計学・機械学習・データマイニングの諸手法…

h2o.deeplearningでクリスマスツリー(のようなもの)を描く

R Advent Calendar 2014 (ATND)のクリスマス・イヴ担当ということで、クリスマスツリーを描いてみます。 R Advent Calendar 2014 : ATND まずは去年もやったSVMで、ついでにちょっとだけホワイト・クリスマス感を出してみた感じで。クリスマスツリーのデータ…

"Understanding Dropout" (Baldi, NIPS 2013) メモランダム

ちょっと今週は忙し過ぎて新しいことに取り組んでいる時間が1秒たりとも見つからないので、少し前にやった例の弊社分析チーム論文輪読会のネタをそのまま転載しておきますorz 元ネタはこちら。 Understanding Dropout ちなみに式を丸写しするのは面倒だった…

H2OのRパッケージ{h2o}でお手軽にDeep Learningを実践してみる(3):MNISTデータの分類結果を他の分類器と比較する

さて、折角Deep Learningなんて使うんだったらもうちょっと面白いデータでやってみようよ!ということで、多次元データの代表たるMNIST手書き文字データ*1を使って試してみようかと思います。 で、MNISTデータなんですが真面目に取ってこようとするとえらく…

H2OのRパッケージ{h2o}でお手軽にDeep Learningを実践してみる(2):学習データとパラメータを変えて試す

うっかりこのシリーズでJapan.Rで喋ることに決めてしまったせいで関係各方面からのプレッシャーを感じつつある今日この頃ですが。 Japan.R 2014 : ATND ともあれ一度乗ってしまった舟なので、このままだらだら{h2o}でDeep Learningというお題でちょっとシリ…

H2OのRパッケージ{h2o}でお手軽にDeep Learningを実践してみる(1):まずは決定境界を描く

我らが自称ゆるふわ*1ガチ勢代表@motivic_氏がこんな記事をupしてました。 Deep Learningの性能を見てみよう ~Iris編~ ということで、こんなに簡単にDeep LearningをR上で試せるんだったらついでに僕もやってみようと思ったのでした。ただし同じirisでやる…