読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六本木で働くデータサイエンティストのブログ

元祖「銀座で働くデータサイエンティスト」です / 道玄坂→銀座→東京→六本木

ビジネスにおける「ビッグデータ」「データサイエンス」は要するに「データドリブン」なのでは、というお話

データドリブン - いまんとこの最適解 ビッグデータといったときに、広義・狭義の定義とは別に「大量のデータを扱う」ということと、「データドリブン(僕はデータに基づいて意思決定、アクションを廻していくという理解です)」が混在しているように思う訳…

似非データサイエンスと似非データサイエンティストを斬る(海外記事紹介)

Fake data science (by Vincent Granville) - AnalyticBridge ちょっと前の記事で恐縮なんですが、物凄く面白いネタを見つけたので紹介します。Forbes本誌が選ぶ「最も影響あるビッグデータ専門家トップ20人」にもリストされている、Ph.D. Data ScientistのV…

「データサイエンティスト」イコール「機械学習・データマイニング・統計学の専門家」とは必ずしも限らない

各種メディアを見ていると、いよいよ日本も「データサイエンティスト元年」が来ちゃったんじゃないかと思ってしまうほど、これでもかというくらいデータサイエンティストに関する記事が出まくってる感が半端ない昨今なんですが。

「データ分析」「A/Bテスト」病は、「目の前のデータばかり追いかけて局所最適にハマる」のとほぼ同義

昨今のwebディレクターは「データ分析」「A/Bテスト」病にかかってしまい、考え方のスケールが小さくなっているのではないか。 大変面白いブログ記事を拝読しました。うん、まさにこの通りだと僕も思います。笑 本当に、こういう記事を待ってました!という…

データサイエンティストを目指すに当たって、ぜひ揃えておきたいテキストたちを挙げてみる

追記2 2015年末の時点での最新リストはこちらです。 追記 この記事の5カ月後にもう少し更新した内容の「お薦め本リスト」記事を2つupしてますのでそちらもお読みください。 2013年秋版:データサイエンティストを目指すなら揃えておくべき10冊 - 六本木で働…

5月の講演会でお話します

【第4回勉強会(社内外)のお知らせ】5月17日(水) リンク先記事の通り、5月17日(金)に『21世紀で最もセクシーな職業!?「データサイエンティスト」の実像に迫る』と題して講演させて頂く予定です。 興味をお持ちの方は、リンク先から登録のほどお願いい…

Facebookが考えるデータサイエンス「研究者」の要件

Quantitative Researcher | Facebook Careers 前の記事ではFacebookが考えるデータサイエンティストの要件、について書いたわけですが。 実は、Facebookはデータサイエンティストとは別に「データサイエンスの研究者」も募集しています。その職種名を"Quanti…

Facebookが考えるデータサイエンティストの要件

Data Scientist | Facebook Careers そもそも、データサイエンティストという職種を提唱し始めたのはFacebookだとも言われています。おそらく同様の人材は例えばGoogleやMicrosoft、Yahoo!あたりでも求めていたのだろうと思うのですが、今言われているような…

データマイニングとはどんなもので、それで何ができるのか?(主にビジネス系の方々向け)

そもそもデータマイニングって何ですか データマイニング - Wikipedia Data mining - Wikipedia 実は僕もITデータサイエンス業界向けの就活始めるまで、「でーたまいにんぐ」という単語というか言葉自体を知りませんでした*1。笑 なので、正直言って未だに僕…

僕がデータサイエンスの世界で働くモチベーション

端的に言えば「Web時代の人々の『行動』を知り尽くしたい」といったところでしょうか。