六本木で働くデータサイエンティストのブログ

元祖「銀座で働くデータサイエンティスト」です / 道玄坂→銀座→東京→六本木

データサイエンティスト

データ人材は日本に何人必要なのか?(2018年Q2版)

(Image by Pixabay)最近になって以下のようなメディア記事やそれに類する報道が殊に増えているようです。 以前研究者だった身としてはこういう「これから日本には〇〇万人の△△人材が必要」みたいな物言いを聞くとポスドク1万人計画の悪夢を思い出してしまう…

「データを集める前にデータ分析責任者(データサイエンティスト)を雇うべき」理由とは

(Image by Pixabay)先日こんな記事が注目を集めていたのを見かけたのでした。 ここで大事なのは、データ集めは非常に大事なステップですが、最初の0.8歩に過ぎないということです。データ解析やAI技術導入の準備に時間をかけすぎていて、「やっとビッグデータ…

データサイエンティスト含むデータ分析職の仕事がつらい4つの理由:洋の東西を問わずつらみは同じらしい

(Image by Pixabay)某所でバズっていたこの記事ですが。 もう読んだ瞬間に「うわー、これ完全に洋の東西を問わずデータ分析業界だとどこでも見られる、業界つらみあるあるだなー」という感が湧いてきて、こみ上げてくる涙が押さえきれませんでした(嘘)。と…

データサイエンティスト&機械学習(人工知能)エンジニアのスキル要件と、過熱する人工知能ブームが生み出す狂騒曲と(2018年2月版:追記あり)

(Image by Pixaby)この記事は去年はてブ1100以上ついてしまった与太記事の続編です。その時はタイトルを読んで字の如く「データサイエンティスト」と「機械学習エンジニア」の満たすべきスキル要件(の2017年版)について考察したものでした。 で、まだ1年し…

「人工知能」と「データサイエンティスト」の2つのブームの関係性をGoogleトレンドのデータから眺めてみる

そう言えば、ちょっと前のデータ分析業界5年間振り返り記事で「人工知能ブームに引っ張られてデータサイエンティストブームも再燃しつつある」みたいなことを書いたわけですが、本当にそうなんだっけ?というところをこれまでに検証したことはなかったなぁと…

個人的に5年間のデータ分析業界見聞録をまとめてみた

(Photo credit: https://pixabay.com/en/data-dataset-word-data-deluge-1188512/) 人工知能ブームで世間が喧しい昨今ですが、それに伴って往年に見かけたような内容のビッグデータ論やデータサイエンティスト論や機械学習システム論が再び出回るようになっ…

データ分析職に採用されるために必要な「実務経験」をいかにして積むべきか

(Photo credit: https://pixabay.com/en/team-businessmen-competence-2651909/) 元々書いていたネタが間に合わない*1っぽいので、ふと色々な記事を眺めていて思い出したネタで与太記事を書きます(笑)。と言ってもこれは実は色々なところで色々な人から相…

データサイエンティストもしくは機械学習エンジニアになるためのスキル要件とは(2017年夏版)

この記事は2年前の以下の記事のアップデートです。前回はとりあえずデータサイエンティストというかデータ分析職一般としてのスキル要件として、「みどりぼん程度の統計学の知識」「はじパタ程度の機械学習の知識」「RかPythonでコードが組める」「SQLが書け…

データサイエンティストもしくは機械学習エンジニアを目指すならお薦めの初級者向け6冊&中級者向け15冊(2017年春版)

(Photo credit: https://pixabay.com/en/books-door-entrance-italy-colors-1655783/)この記事は一昨年のこの書籍紹介記事のアップデート版です。相変わらず毎月のように新刊書が出続けるデータ分析業界ですが、良い本が増え続けてきたせいでついに初級者向…

データサイエンティスト(本物)は決して幻の職業などではない

かつて拙著出版の際に大変お世話になった技術評論社(技評)さんから、『データサイエンティスト養成読本』改定2版のPRとして以下の記事がリリースされていました。この記事がもう何と言いますか、「読めばそのままデータサイエンティスト(本物)もしくはグ…

興味がない時には沢山見かけるがいざ欲しい時に限って見つからない:日本のデータサイエンティスト&機械学習エンジニアブーム

我らが業界の雄*1、てつろーさんが新たなweb連載記事を始められたようです。このタイトルが、流石は業界経験の長いお方だけあって非常に鋭いところを突いているなと個人的には感じています。で、完全に奇遇ながら実は6月8日に旧知の友人の依頼でプレイベート…

まがい物のデータサイエンティストは滅びゆく:USのトップ5データサイエンティストたちが語る2016年の展望

(Photo via VisualHunt.com) 僕も会員になってるData Science Central*1に、こんな面白い論説が載っているのを見つけました。 Data science and statistical modeling will be further automated, with better black-box products Frontiers between data sc…

データサイエンティストを目指すというかデータ分析を生業にするなら読んでおきたい初級者向け5冊&中級者向け12冊(2015年冬版)

(Photo via VisualHunt) 追記2017年3月現在の最新書籍リストはこちらです。 最近になってまた色々とデータサイエンティストを目指す人向けのお薦め書籍リストとか資料リストとかが出てきてるんですが、個人的には何かと思うところがあるので僕も適当にまとめ…

2015年J1最終節の全てのチームの得点を予測せよ:Data League 2015年大会講評の補遺

先日こちらの学生データ分析コンペの表彰式に、プレゼンター&解説者として登壇してまいりました。正直言って、データを提供して下さったData Stadium社の皆様からも「これほどまでの結果になるとは」という感嘆の声が上がるほどハイレベルな戦いぶりで、参…

【PR】「学生データサイエンティスト日本一決定戦Data League」2015年大会開催中です

去年も同じ趣旨の学生データサイエンティスト日本一決定戦のPR記事書きましたが、今年も懲りずに書きます。 去年は日本のプロ野球のデータセットを使いましたが、今年はJリーグのデータセットを使います。今年も3位までの入賞者には総額18万円の賞金が出ると…

海の向こうでも日本でも「データサイエンティスト」は雌伏の時

「データサイエンティストはつらいよ」、注目職種も求人が多くない理由 なかなか刺激的な翻訳記事が出ていたようで。ちなみに本家版の原典記事はこちら。 Data science jobs not as plentiful as all the hype indicates 大体こういう話をするとよく炎上する…

データサイエンティストというかデータ分析職に就くための最低限のスキル要件とは

追記(2017年7月)こちらのスキル要件ですが、2017年版を新たに書きましたので是非そちらをご覧ください。 「データサイエンティストというかデータ分析職に就くためのスキル要件」という話題が某所であったんですが、僕にとって馴染みのあるTokyoR界隈で実…

レバテックタイムの12/24付対談記事で話し切れなかったこと

データサイエンティストが生き残るために必要なのは「本質を見抜く力」|小川卓氏x尾崎隆氏対談 レバテックタイムさんのお招きで、そして正確にはこちらの記事で田宮直人さん(id:naototamiya)から誘われまして(笑)、こんな対談を先日小川卓さん(id:ryuka0…

2014年を振り返る:Stan, KDD, RでDeep Learning, 初の自著出版, そしてデータ分析業界のあれこれ

魂の限界まで前処理をし続けている間にもう年の瀬が来ちゃいました。。。ということで、昨年末同様に今年もざっくり振り返ってみようかと思います。 柔軟な統計モデリングを目指してStan導入しました BUGS/Stan - 銀座で働くData Scientistのブログ これは1…

【PR】「学生データサイエンティスト日本一決定戦 Data League」開催しております

ニューヨークから帰朝していきなり何ですが、弊グループのリクルートキャリアが提供するサービス「キャリフル」とデータスタジアム株式会社様共催のデータ分析コンペ、「学生データサイエンティスト日本一決定戦 Data League」が8月20日から開催されておりま…

相変わらず海の向こうのData ScientistたちはPh.D.が多いらしい

お盆休みということで僕も今週はずっとお休みなのですが、こんな記事がWSJから出ていたと知りました。 ビッグデータ活用に向け需要増す「データサイエンティスト」 - WSJ 以前HBRのDavenport論説についてコメントしたかと思いますが、あれから2年経ってどう…

ハッカーズチャンプルー2014に参加してきました

7/11(金)-13(日)にかけて、沖縄で開催されたハッカーズチャンプルー2014にゲストスピーカーとして参加してきました。弊社の公式エンジニアブログにも同様の内容で記事を書くことになっているので、こちらでは個人的なお話を。 Hackers Champloo これは沖…

2015新卒就活戦線におけるデータ分析者候補生争奪戦を眺めてみて

(※このエントリで述べている内容はあくまでも業界全体の状況を表す一般論であり、弊社をはじめどこか個別の企業を指したものではありません) 最近は技術系のネタばっかりなので、たまにはデータサイエンティスト(死語)にまつわる与太話でもしてみようか…

第7回DCC・第64回EIP合同研究発表会で招待講演してきました

昨日、下記の研究会から招待講演にお招きに与り、お話してきました。 第7回DCC・第64回EIP合同研究発表会-情報処理学会 「データサイエンティスト・ブーム」後の企業におけるデータ分析者像を探る from Takashi J Ozaki 内容はまぁ、完全に見た通りです(笑…

新年度にあたりデータサイエンティストが覚えておくべき常識

社会人が統計学や機械学習を学ぶなら「落下傘方式」で

今日何気なく呟いたツイートが、見ていたら結構RT&favされていた模様で。 社会人が統計学とか機械学習を独習するには、いわゆる「落下傘方式」が良いと思う。必要な時にその項目だけ学んで実践する。その繰り返しで学問体系のマス目が埋まっていけば良し。あ…

「データサイエンティスト」というか"Data Scientist"になりたかったら、英語が出来なきゃダメかも?

「また煽り記事書きやがって」と怒られそうな気しかしないんですが(笑)、最近とみに感じるようになってきていることなので備忘録的にちょっと書いてみます。あ、今回も僕の個人的経験と見聞に基づくポジショントークみたいなものなので、話半分でお願いし…

「ビッグデータ」「データサイエンティスト」後のデータ分析業界はどうなっていくのか

先日の合同企業説明会でご来場いただいた就活生の皆さんにこの話題をだいぶ話したので、続きの意も込めてちょっと書いてみようと思います。実はその時お話した内容について、後日データ分析者同士の飲み会を開いた時に色々議論になったもので(笑)、そのフ…

2013年の「データサイエンティスト」狂想曲と個人的なあれこれとを振り返る

早いもので、2013年も過ぎようとしているこの年末ですが。一応ブログのタイトルに「データサイエンティスト」と入っているので(笑)、せっかくなのでこの1年間のデータサイエンティストにまつわる狂想曲と、僕自身の今年のヒストリーとを簡単に振り返ってみ…

「データサイエンティスト」は2013年9月から「幻滅期」に突入した模様

これを見れば一目瞭然でしょう。 (Google トレンド - ウェブ検索の人気度: データサイエンティスト - すべての国, 2004年 - 現在) ものの見事に、ピークを描いていたカーブがガクンと2013年9月期に下がって、そのまま低い位置を保っています。