六本木で働くデータサイエンティストのブログ

元祖「銀座で働くデータサイエンティスト」です / 道玄坂→銀座→東京→六本木

Python

KerasをTensorFlowバックエンドで試してみた:「もっと多くの人に機械学習とDeep Learningを」という時代の幕開け

(左:Keras、右:MXnet)Kaggle Masterの間ではMXnetよりさらに人気なDeep Learningフレームワークというかラッパーが、@fchollet氏の手によるKeras。 Keras Documentation 結構苦心したのですが、ようやく手元のPython環境で走るようになったので、試して…

PTGH:機械学習パラメータチューニングをDeep LearningとMCMCで高速に最適化するフレームワーク

苦節2年、とうとう完成しました。機械学習のパラメータチューニングに悩める皆さんのために、コーディングも数学も大の苦手な僕が頑張って作りました。それがPTGH (Parameter Tuning by God's Hand)フレームワークです。RでもPythonでも動きます。中身として…

ビジネス実務の現場で有用な統計学・機械学習・データマイニング及びその他のデータ分析手法10+2選(2016年版)

そう言えば3年前にこんなまとめ的エントリを書いたのでした。この内容はそのままかなりの部分が2年前に刊行した拙著の原案にもなったということで、色々思い出深いエントリです。なのですが。・・・この3年の間に統計学・機械学習・データマイニングの諸手法…

不均衡データをSVMでクラス分類するにはどうすれば良いか

今年のKDD cupが絵に描いたような不均衡データ(正例と負例との数的比率が極端に偏っているデータ)で苦労させられたので、ちょっと調べたら色々と良い方法があるなぁと気が付きましたよということで備忘録的に紹介しておきます。 ちなみにググったら普通に@…

青空文庫のデータを使って、遅ればせながらword2vecと戯れてみた

もう既に山ほど解説記事が出回っていて、あまつさえそれを利用したwebサービスまで出てきてしまっているword2vecですが、うちの現場でも流行っているのでせっかくなので僕もやってみようと思い立ったのでした。 word2vecそのものについては昨年来大量にブロ…

2014年春版:ビジネスにおけるデータ分析のプロを目指すなら揃えておくべき12冊

さて、前回リストの記事から半年ぐらい経ちましたよーということで、それ以降に発刊された書籍などを吟味した上で更新したリストをお届けしたいと思います。といっても引き続き今回のリストにも入っているものが多いので変わり映えしないかもですが。。。 前…

パッケージユーザーのための機械学習:教師あり学習同士で分離超平面・決定境界を比較してみる

このシリーズ記事では、Rで*1色々な機械学習のアルゴリズムについて、それらがどんなものなのかを簡単なデータに対して分離超平面・決定境界を描きながら見てきました。 パッケージユーザーのための機械学習(1):決定木 - 銀座で働くデータサイエンティスト…

パッケージユーザーのための機械学習(5):ランダムフォレスト

(※はてなフォトライフの不具合で正しくない順番で画像が表示されている可能性があります) さて、こんな記事をクリスマス・イヴのプレゼントにするのはアレなんですが(笑)、教師あり学習&分類器系では一旦これでシリーズを〆る予定です。 トリを飾るのは…

パッケージユーザーのための機械学習(4):ニューラルネットワーク

(※はてなフォトライフの不具合で正しくない順番で画像が表示されている可能性があります) 実は僕は普段全くニューラルネットワークを使ってない上に、すぐ隣に再帰ニューラルネットワークでバリバリNIPSに通していたことのある教授氏がいるので*1、こんな…

パッケージユーザーのための機械学習(3):サポートベクターマシン(SVM)

(※はてなフォトライフの不具合で正しくない順番で画像が表示されている可能性があります) PythonでSMO-SVM書き下すという宿題がまだ終わってないくせにこれ書いていいのか物凄く迷うんですが(笑)、R Advent Calendar 2013の12月6日分第6回の担当に当たっ…

パッケージユーザーのための機械学習(2):ロジスティック回帰

(※はてなフォトライフの不具合で正しくない順番で画像が表示されている可能性があります) だらだらと機械学習をパッケージで回していく様子を眺めるこのシリーズ、今回はロジスティック回帰をやってみようと思います。ロジスティック回帰はどちらかという…

パッケージユーザーのための機械学習(1):決定木

(※はてなフォトライフの不具合で正しくない順番で画像が表示されている可能性があります) だいぶ前に「糞コードで頑張る機械学習シリーズ」と言うのを始めようとしたんですが、パーセプトロンをPythonで実装した次にMatlabで書いたSMO-SVMコードをPythonに…

{Rcpp}を入れる時はシステム内に既にあるgccに注意

最近こんな素晴らしい勉強会があったと知りまして。主催は7月の1ヶ月間で何故か3回も一緒に飲んだこの人。 第1回BUGS/Stan勉強会を開催しました 元々WinBUGSは{R2WinBUGS}経由で使っていたんですが、やっぱり{Rcpp}経由でC++コンパイラで高速で走るStan良さ…

『データサイエンティスト養成読本』はゼロからデータサイエンティストを目指す人なら絶対に読むべき一冊

執筆陣12人中8人が直接の知人友人というこの新刊書でございますが。 データサイエンティスト養成読本 [ビッグデータ時代のビジネスを支えるデータ分析力が身につく! ] (Software Design plus)作者: 佐藤洋行,原田博植,下田倫大,大成弘子,奥野晃裕,中川帝人,…

単純パーセプトロンをPythonで組んでみる

いきなり自分でハードル上げてみました(笑)。ちなみに何故単純パーセプトロンを最初に持ってきたのか?というと、id:echizen_tmさんのブログ記事でも触れておられる通り 機械学習には大きく分けて「識別関数」「識別モデル」「生成モデル」の3つの種類があ…

「機械学習とは何ぞや」をゆるーく説明してみる

追記(2017年7月12日)こちらの記事がGoogle検索結果でかなり上位に来ているようですが、投稿から既に4年以上が経過しており内容としては非常に古いものになっております。よろしければ「機械学習」カテゴリの比較的新しい記事もご参照ください。tjo.hatenab…